第5回 国際歯科医療安全機構 総会・学術大会のご案内

第5回 国際歯科医療安全機構 総会・学術大会のご案内

第5回国際歯科医療安全機構総会・学術大会を下記の要領にて開催いたします。

「インプラント歯科に関わる医療安全・安心」をテーマに、基調講演、特別講演、教育講演ならびにシンポジウム(2テーマ)を予定しています。

多数の先生方のご参加をお願い申し上げます。

大会長 伊東隆利
(医)伊東歯科口腔病院

日 時:2022年6月5日(日)9:30〜17:00(予定)
場 所:熊本県歯科医師会館 及び Zoom WebinarによるLive配信によるハイブリッド開催
    Zoom Webinarによる参加をお願いしております

参加費:歯科医師・医師 3,000円
    歯科衛生士・歯科技工士・看護師 1,000円
    学生 無料※
    ※学部学生、医療系学生、外国人留学生(大学院生を含む)

参加登録・方法:参加には事前登録が必要です。

修了証(受講票)の発行は会員へのみの発行となります。
 年会費 歯科医師・医師 8,000円 歯科衛生士・看護師 2,000円

第5回国際歯科案内・募集要項 (熊本).pdf

第5回6.5国際歯科チラシ

 【プログラム】〈随時更新〉

◆メインテーマ
 「総合歯科学インプラント臨床と医療安全」
 ー患者安全を通して歯科医療を考えるー

特別講演

「新型コロナウイルスワクチンの開発状況」
講師:永里敏秋先生(KMバイオロジクス株式会社代表取締役社長)

基調講演

「国際歯科医療安全機構の使命と今後の展望」 
瀬戸晥一先生 一般社団法人国際歯科医療安全機構理事長 

シンポジウム

(Ⅰ)インプラン臨床と医療安全・患者安全・医療倫理

 「全身管理、周術期からみた医療安全・医療倫理」 
 矢島安朝先生(松本歯科大学教授)

 「上部構造、設計、材質からみた医療安全・医療倫理」
 澤瀬隆先生(長崎大学生命医科学域口腔インプラント学分野教授)

 「メンテナンスからみた医療安全・医療倫理」
 和泉雄一先生(東京医科歯科大学名誉教授【歯周病】)

(Ⅱ)コロナ対策の現実と将来像

 「歯科現場から」
 伊東隆三先生(伊東歯科口腔病院院長)

 「医科現場から」 
 小堀泰裕先生(小堀胃腸科外科院長)

 「歯科診療でのエアロゾル管理」
 山内健介先生(東北大病院口腔外科科長特命教授)

 「新興感染症にどう対応」
 小林隆太郎先生(日本歯科医学会総務理事)

教育講演

「超高齢社会の中で活躍する歯科医師に求められる医学的素養」
一戸達也先生(東京歯科大学千葉歯科医療センター長)

「救急処置と教育映画作成紹介」
瀬尾憲司先生(新潟大学教授【歯科麻酔学】)

「歯科病院創設による医療提供体制」
伊東隆利先生(伊東歯科口腔病院理事長 大会長)

「新型コロナウイルスと歯科医療」
井上孝先生(東京歯科大学名誉教授【病理】)

【問い合わせ先】

第5回国際歯科医療安全機構総会・学術大会 準備委員会 事務局
〒860-0851 熊本市中央区子飼本町4-14
(医)伊東歯科口腔病院
 実行委員長 吉武義泰  準備委員長 中井大史
 E-mail:dent-maxi.hosp@itoh-dh.or.jp
 TEL:096-343-0377
 FAX:096-341-1130

【参加申し込み】
 参加登録締め切り:2022年6月1日(水)12:00(正午まで)